エレベーター用防災椅子

今後30年以内に起こると言われているマグニチュード7クラスの首都直下型地震では7,000台を越えるエレベータが停止し、最大で17,000人がエレベーターに閉じ込められると想定されています。

大規模な災害の場合、交通網の麻痺や救助の必要のあるエレベーターが多い為、救助が来るまで長時間待つ可能性が高いです。

 

エレベーター用防災椅子は収納ボックスがあり、必要な食料・水・明かり・トイレなどの備蓄品を収納ができるので利用者は安心して救助を待つことができます。

椅子内の備蓄に関しましてはお客様のご希望に合わせた内容や商品をご用意できます。

サイズ : 30cm × 50cm × 30cm

重量 : 約2.3kg

価格についてはお問合せください

注文数によってはディスカウントが可能です